スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『すこやかさいたま座談会』

「フクシマ」と「福島」 ~聴いて喋って考える、1日~

『「フクシマ」論』の著者、開沼博氏をゲストスピーカーにお招きし、
外から論じられる「フクシマ」と、内から見た「福島」とのギャップについて伺います。

話を聞くだけではなく、同じ思いの人達と繋がるだけでもない、
違う立場・違う価値観を共有し、溝を埋める為のヒントを探る、聴いて喋って考える座談会です。

原発賛成の方・反対の方、放射能への危機感が高い方、福島支援を考えたい方、家族や友人と価値観が合わず悩んでいる方・・・
様々な方のご参加お待ちしています☆


★日時★ 9/28(土)13:30~15:40(受付13:10~)
      第1部:講演会 第2部:座談会

★会場★ 武蔵浦和コミュニティセンター 第1集会室
     JR武蔵浦和駅西口徒歩2分(サウスピア8F)
     http://musashiurawa-sp.info/?page_id=83

★定員★ 30名(お子様連れ可・託児はありません(ごめんなさい))

★参加費★ 200円(資料代含む)

★ゲストスピーカー★ 開沼博(かいぬまひろし)氏
1984年福島県いわき市生まれ。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。

★申込方法★ 9/1より、すこやかさいたまblogの申込みフォームより受付開始
       http://sukoyakasaitama.blog51.fc2.com/


主催:5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・さいたま(すこやかさいたま)
後援:さいたま市
スポンサーサイト

小豆川勝見先生 講演会のお知らせ

★小豆川勝見先生 講演会のお知らせ★

放射線測定の現場から ~都市濃縮とこれからの暮らし~

福島第一原発事故によって、広範囲に放射性物質が拡散しました。
わたしたちの暮すさいたま市も例外ではありません。
空間放射線量の値は落ち着いてきましたが、
雨や風により移動、濃縮する放射性物質は今どうなっているのでしょう。

また、食品に含まれる放射性物質については、
各自治体や民間測定所、小売業者による独自の測定もされるようになりました。
不検出や検出した時の数値など、どのように見ていけば良いのでしょうか。

放射線測定の専門家である、小豆川先生をお招きして、
都市濃縮と放射性物質の測定について伺います。

【日時】2013年2月7日 (木) 9:50~11:50

【場所】さいたま市 鈴谷公民館
 さいたま市中央区鈴谷7-5-11
 JR与野本町駅、南与野駅から徒歩15分
 
【参加費】 500円(同伴のお子様は無料です) 
            
*お子様連れ可です。(メールフォームに記入欄あり。)
 託児はありませんが、キッズスペースを設けます。
 お子さまの絵本や音の出ないおもちゃなどお持ちください。
         
【講師プロフィール】
 小豆川 勝見(しょうずがわ かつみ) 先生
 東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻
 環境分析化学研究室(松尾研究室) 助教

 東日本大震災以降、東京大学アイソトープ総合センターにて
 被災地ほかからの多くの試料における放射性物質の測定に従事。
 専門用語をできるだけ使わずにする放射能・放射線についての講演は、市民から高い評価を得ている。

 著書; 小豆川勝見, 滝澤勉, 放射性物質の拡散と濃縮, 科学, 82(12), 1277-1279, 岩波書店, 2012.
 小豆川勝見, 開発が進む放射性セシウムの除染法, 科学, 82(11), 1182-1185, 岩波書店, 2012.
 鳥居寛之, 小豆川勝見, 渡辺雄一郎, 放射線を科学的に理解する, 丸善出版, 2012 など、多数

【主催】 5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・さいたま

【お問い合わせ先】 kodomosukoyakasaitama@yahoo.co.jp
                         
【お申込み】下記、すこやかさいたまブログからお申し込みください。
 http://sukoyakasaitama.blog51.fc2.com/blog-entry-170.html

いとうえみこさん講演会&『埼玉ネットワーク』交流会

11月浦和にて、
いとうえみこさんをお招きした講演会と、
『子どもたちを放射能から守る埼玉ネットワーク』交流会を
同時に開催します。


私たちに今できること
「子育て」のこと、「放射能」のこと、
「5年後10年後の未来」のこと。
いま私たちができることを、一緒に考えてみませんか。

◆第1部 いとうえみこさん講演会◆
「子どもの笑顔と明るい未来を育む、子育てのチカラ」
いまだからこそ大切にしたい子育てのこと、社会への関わり方。

【講師プロフィール】
NPO自然育児友の会理事、母乳育児やおむつなし育児などを担当。
絵本作家。子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク事務局。

◆第2部 『子どもたちを放射能から守る埼玉ネットワーク』交流会◆
各地域で活動している方々がつながり、現状や情報を共有するための交流会です。
どなたでもご参加いただけます。

【日時】11月17日(土)14:00~16:40(開場13:30)  
 講演会:14:00~15:30
 交流会:15:40~16:40

【場所】さいたま市浦和コミュニティセンター 多目的ホール
 (JR浦和駅東口すぐ・パルコ上10階)

【参加費】500円

【定員】400名様
 *お子様連れ可・キッズスペースあり
 * 託児はありません、音の出ないおもちゃ等ご持参ください

【申込み】すこやかさいたまブログのフォームよりお申込みください。
http://sukoyakasaitama.blog51.fc2.com/blog-entry-163.html

(お申込みフォーム送信後、表示されるアドレスと電話番号のメモをお願いします。お申し込み確認メール送信はありませんが、定員に達しご入場いただけない場合のみ連絡させていただきます。)

【お問合せ】kodomosukoyakasaitama@yahoo.co.jp

【主催】5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・さいたま(すこやかさいたま)

【共催】5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会・越谷・春日部・杉戸
    子どもたちを放射能から守る埼玉ネットワーク

【後援】さいたま市 (第1部のみ後援)

藤村靖之さん講演会

藤村靖之さんをお招きして、講演会を開催いたします。

「非電化でつくる 新しい幸せのカタチ」

電気を減らすと 幸せが増える?
震災・原発事故を経て、“省エネ・節電”を考えることが必須の世の中になりました。
「幸せ度を倍にして電力を半減することは簡単」という藤村靖之氏。
大切なのは、今までのマインドセット(心の枠組み)を変えること。
“電気に頼らない、持続性のある愉しい選択肢”で、新しい幸せのカタチが見えてきます。

【日時】10月16日(火) 9:30開場 10:00~11:45

【場所】浦和コミュニティセンター 第15集会室
 (JR浦和駅東口すぐ・浦和パルコ上・9階) 

【参加費】500円

【定員】130名様
 *お子様連れ可・キッズスペースあり。
 * 託児はありません、音の出ないおもちゃ等ご持参ください。

【お申込み】すこやかさいたまブログのフォームより お申し込みください。
 → http://sukoyakasaitama.blog51.fc2.com/blog-entry-162.html

(お申込みフォーム送信後、表示されるアドレスと電話番号のメモをお願いします。お申し込み確認メール送信はありませんが、定員に達しご入場いただけない場合のみ連絡させていただきます。)

【お問合せ】kodomosukoyakasaitama@yahoo.co.jp

【講師プロフィール】
1944年生まれ。工学博士・発明家。日本大学工学部客員教授。
非電化工房」代表。環境に配慮した商品や、電気を使わない非電化製品を発明。
電気普及が遅れている国々の支援にも取り組む。
科学技術庁長官賞、発明家功労賞など受賞。
原発事故後は、住民によって設立された「NPO法人 那須希望の砦」にて、 理事として那須地域の除染や講演会など幅広く活動中。

【主催】5年後 10年後 こどもたちが健やかに育つ会・さいたま

【後援】さいたま市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。